2011年04月09日

【レシピ】手作りビーフジャーキー

久しぶりの料理の書き込みです〜。今日は意外(?)とリピート率の高い手作りビーフジャーキーをご紹介いたします。
ソーセージやジャーキー、ジンジャーシロップなどBarで使えそうなものばかりを作っていますね。『なんでBarをやっていた時に「作ろう!」って思わなかったんだろう?』って奥さんとも話すんですけど、要は作る気になるかの違いなのか・・・
そうそう、ジャーキーとは関係はありませんが手作りソーセージは改良の末に風味、ジューシーさ共にレベルUPしましたよ。是非お試しください。

さてさて、余談はここまでにして・・・
材料です!【オージービーフのフランク(ササミの事。柔らかく味のしっかりとした部位です。)、オーストラリア産の赤ワイン、醤油、オーストラリアのシャークベイで取れた荒塩、三温糖、玉ねぎ、ニンニク、ローレル、水】以上です。
ジャーキーは切って、漬けて、干して、燻すだけですのでやろうと思えば作るのは簡単です手間はかかりますけど・・・。
ただし、気温や湿度(←乾燥時間に影響する)などには注意が必要なので慣れるまでは試行錯誤が必要かも。でも!後ほども書きますが手作りのビーフジャーキーほどビールに合う物はありません。『うまいです!』

まずは漬け込み液を作ります。上記レシピの肉以外をすべて合わせれば出来上がりです。
DSCN1316-.jpg DSCN1311-.jpg DSCN1314-.jpg
そして、お肉を出します。キッチンペーパーでドリップを拭き取り余分な脂などを出来る限り丁寧に取り除きます。筋は残しておいてもそんなに問題はないと思います。きれいに掃除をしたお肉をスライスします。スライスしたら漬け込み液に次々と入れていきます。
DSCN1320-.jpg DSCN1317-.jpg
すべて切り終えたらラップをして冷蔵庫で12時間ほどお休みしますzzz
DSCN1323-.jpg DSCN1325-.jpg DSCN1327-.jpg
漬け込み液から肉を取り出しキッチンペーパーで水気を拭き取り網の上にのせて乾燥させます。乾燥の時間はその時々により異なります。
DSCN1329-.jpg
乾燥させたら桜の薫煙剤で煙をかけます。
DSCN1331-.jpg
薫煙が終わったら半日くらい風にさらしてさらに乾燥させたら完成です。
DSCN1333-.jpg
今夜のビールと一緒に一切れ頂いちゃいますm(_ _)m
うまい・・・ぷはぁ〜
posted by macca at 22:01| レシピ