2023年12月31日

りんごジャムの作り方

皆様、新年明けましておめでとうございます。店主のマコトです。

お陰様で12月中頃に完売となったりんごジャムですが、今回は自宅で作る為のレシピをご紹介します。

ーーーーーーーーーー
材料
りんご(芯・皮を除く)      840g
100%ストレートレモンジュース 10g
ビートグラニュー糖        192g
ーーーーーーーーーー
DSC_0803-2.jpg
作り方
01b99cb1d6601b993c31a8e0c4775bfcb2346e5d14.jpg
りんごは皮を良く洗い、皮を薄く剥き、芯を取り除く。
016c64ab2a016e8bea3af8bda05b472fd0bc23b323.jpg
ホーロー鍋にりんご、100%ストレートレモンジュースとビートグラニュー糖を入れ全体をよく馴染ませる。
01882a6e7e7421d18b0c522b4ce8ff92fe7db8942a.jpg
出来れば時間をかけてりんごからしっかりと水分をだす。店主は夕方に煮込む場合は朝にりんごの水出しを始めます。
01897d3dd087d42c4ba0602eaade9d892bd6bb6a37.jpg
しっかりと水が出ていれば中火で煮込み水分を飛ばすように煮詰めます。水出しが不十分であったり水出しの時間が取れなかった場合は弱火から始めビートグラニュー糖をしっかり溶かしてから火力を上げていきましょう。
01a1292fa08dd95824e17262bf74be58b71ff954a1.jpg
仕上がりの目安は材料の重量が(このレシピでは)840gになったら完成です。
熱いうちに保存瓶に移した上で、可能であれば80℃程度の熱湯に40分浸け減菌を行ってください。粗熱が取れたら冷蔵庫で保存してお早めにお召し上がりください。

HAPPY cafe 食堂で作るりんごジャムは低糖度ジャムと言われる部類に入り、常温保存や長期保存には適していません。

市販されているジャムは一般的には開封後は空気中のカビの胞子やジャムを取り分けるスプーンなどに付着している菌の影響を受け2週間程度で食べきるのが望ましい目安と言う説もありますが、HAPPY cafe 食堂のレシピで作るジャムに添加されているビートグラニュー糖(砂糖)は市販されているジャムよりも遥かに少ないですのでこの目安もより短くなると思ってください。

ではでは、今年も宜しくお願い致します!

ーーーーーーーーーー
店に関する詳しい情報はHAPPY cafe 食堂の公式ホームページをご覧ください。
ーーーーーーーーーー
店内営業の営業時間(ご予約、ご注文の受付は朝9時から)

◆月曜日から金曜日
11時から16時まで営業
◆土曜日、日曜日
11時から21時まで営業

ラストオーダーは営業終了1時間前

火曜日定休

ご予約・ご注文は朝9時から営業終了までお電話で承ります。

材料が無くなり次第、営業終了となりますのでご注文はお早めにお願いいたします。

メール・SNSでのご予約・ご注文は無効となります。 休業日・営業終了後の電話対応は行っておりません。
ーーーーーーーーーー
#happycafe食堂 #ハッピーカフェ食堂 #cafe #カフェ #ヘルシー #ランチ #厚木 #七沢 #厚木カフェ #厚木ランチ #手作り #カレー #カツカレー #お持ち帰り #テイクアウト #キーマカレー #お子様カレー #ハンバーグ #ドリア #グラタン #農業 #自家栽培 #カツカレー #やまゆりポーク #りんごジャム #レシピ #作り方
posted by macca at 19:06| 日記