2018年06月14日

【レシピあり】赤紫蘇を仕入れました!

皆様こんばんは。マコトです。

今朝、奥さんが夢未市で赤紫蘇を仕入れて来てくれましたよ。今年も赤紫蘇ジュースを仕込む時が来ました!
DSC_0604_2.jpg
そうそう、今年は梅も赤紫蘇も出回るのが少し早いですよね。紫蘇関連の過去の記事を読み返してみると今年は例年より2週間早く仕込みを始めています。

今年は(も)、変な陽気だから作物の生育にも影響があるのかな?

写真を撮るのが面倒(コラ!!)だったので過去の写真を引っ張ってきちゃいました(汗)

ここ数年は茎を外して赤紫蘇の葉だけを袋詰めにしたモノが夢未市でも売られているんですよね。ハッピーカフェ食堂の様に大量に使用する側(極少数派)からすると非常に有難いです。

茎が付いているのも売ってはいますが、茎なしの方が便利ですよね。茎から葉を外すのってアクで手は真っ黒になるし、茎の処分にも困るし・・・正直、面倒な作業です。

便利になったのは良いですが、消費者が便利さを感じる時は誰かが面倒な作業を肩代わりしてくれているんですよね。

こう言った地道な作業をして下さる農家の方の為にも『厚木の赤紫蘇は美味しい』って思ってもらえる様に今年も魂を込めて仕込みを頑張ります!!!

今回は赤紫蘇ジュースのレシピも掲載します。

【材料】
赤紫蘇 600g(夢未市で1袋300g入りの赤紫蘇の葉が売られています)
4L
三温糖 1.2kg
米酢 800ml

毎年、『レシピを見て作ってもハッピーさんと同じ味にならない』と言われるので材料のメーカーも教えます。赤紫蘇は厚木産、水は南アルプスの天然水(完成したジュースの素を入れる容器にもなります)、三温糖はスプーン印、米酢はミツカンです。

砂糖と酢はご家庭で普段使っているモノを使って頂ければ良いと思いますが、砂糖と酢はメーカーによって味がかなり変わりますので、ハッピーカフェ食堂との味の違いはこの影響が一番大きいかと思います。

さて、作り始めましょう。

まずは、赤紫蘇を袋から出して水でジャブジャブ洗い、ザルなどで水を切っておきます。

鍋に水4Lを入れ沸かします。

沸騰したら赤紫蘇を投入。再沸騰してから10分ほど中火で煮ます。火はつけたままで鍋から赤紫蘇を取出して水気を絞りエキスだけ鍋に戻す。(この作業は火傷の危険があります。本当に熱いですから無理に絞らずにザルに空けて滲み出たエキスを鍋に戻す程度でも十分です。)

水気を切った赤紫蘇は処分します。水気を切った赤紫蘇でユカリを作れるそうですが、まだチャレンジ出来ていません。

三温糖を入れます。三温糖が溶けたら米酢を加え強火にして沸騰してから中火に戻し5分煮て完成。

荒熱が取れたら容器に移します。

このレシピだと2倍で薄めて飲むのが良いと思います。完成した赤紫蘇ジュースがいつまで保存できるかは分かりません。ご家庭作った場合は早めに飲み切って下さい。

最新情報はホームページにてご確認ください。パソコン、スマートフォン両方に対応しています。ホームページ内の【レシピ】ページにはその他のレシピも掲載されています。
posted by macca at 21:26| 日記