2018年05月24日

試作ですよ。

皆様おはようございます。

実は5月に入ってから静かな日が多いハッピーカフェ食堂です(涙)

『静かな時は次に備える為の準備期間』と思う店主は、長年の問題児カツカレーのリニューアルに向けての試作を行っていました。


いまの『やまゆりポークのヒレかつカレー』はヒレ肉100g相当を揚げているのでどうしても加熱(揚げ)に時間が掛かってしまいます。

一部のお客様にはご理解を頂いておるようですが、一部ではご納得頂けていない状態が長く続いていました。

それに、調理に時間が掛かると言う事はお店の回転率にも関わる事。やはり、これではお客様の利益にもお店の利益にもなりません。

ヒレ肉を使いたいと思い部位をヒレ肉に絞って試行錯誤をして参りましたが、現在の店主の知識と技術ではこれ以上はどうにもならない事に気が付きました。


そこで、部位を変えてカツカレーを提供すると言う結論に至りました。


近日登場『やまゆりポークのカツカレー』
DSC_0636_1.jpg
ヒレ肉に次いできめ細かい肉質を持つ内モモ肉(130g相当)を使用しています。これで揚げ時間は従来の10分30秒から6分30秒に、蒸らしの時間は7分30秒から6分短縮できます。
内モモ肉の赤身は低カロリー高タンパクですが、今回は少し脂身を付けて調理をしています。試行錯誤の末、ヒレ肉に引けを取らない仕上がりになっています。
DSC_0620_1.JPG
写真はヒレカツ(ヒレ肉100g相当)を使った写真です。30g相当の違いですが、見た目のボリュームも内モモを使った方があります。

調理器具の関係で大量調理が出来ないと言う問題も解決しなくてはなりませんが、今回のリニューアルでより多くのお客様にご納得いただけるカツカレーになってもらえれば良いと思っています。

新生カツカレーは近日登場しますので、暫くお待ちください。

なお、内モモ肉を使う事によりヒレ肉を使ったカツカレーは姿を消します。カツカレーは土日限定メニューとして提供していますが、のちのち何時でも提供出来る状態にしたいと思っています。

ハッピーカフェ食堂では他にもやまゆりポークを使ったメニューがありますよ。
ホームページはパソコン、スマートフォンにも対応しています

こちらでやまゆりポークを購入する事も出来ます。

夢未市 相川店 ← 厚木市にあるJAの農産物直売所

オダコー株式会社 ← ハッピーカフェ食堂が取引をしているお肉屋さん
posted by macca at 08:30| 日記