2016年03月28日

乳幼児が食べるHAPPY cafe 食堂のお米について

先日(昨日と一昨日)に乳幼児(ここでは3歳くらいまでを対象にお話ししています)が食べるHAPPY cafe 食堂のお米について考えさせられる出来事がありました。
DSC_0679_2.jpg
その出来事とは赤ちゃん連れのお客様に『赤ちゃん用の白米はありませんか?』と質問されたことです。
現状では用意が無いと言う事を伝えるとそのお客様は『赤ちゃんに雑穀ご飯を食べさせても良いのですか?』と言われました。

開店以来こう言ったお話を受ける事はありませんでした。勿論、心の中に留めているお客様がいたのではないか?と言う事も容易に想像がつきます。

しかし、お客様から指摘を受けるまでこの事については十分に考えた事がありませんでした。


詳しい会話の内容については、私はその場にいなかったのではっきりとは分かりませんが、昨夜、改めて『赤ちゃんが食べる玄米や雑穀』について調べてみました。

結果としては『大人が食べる事を前提として炊いた玄米や雑穀は赤ちゃんには不向きである』と言う事が分かりました。良く考えてみれば当たり前の事でした。

まず、これだけははっきりしている事は玄米や雑穀が体に害を及ぼす訳ではありません。

赤ちゃんに対しても栄養価が豊富な物である事は変わりませんが、大体3歳くらいまでの乳幼児は『ご飯を噛む力が弱いうえに消化機能が十分でない』事が原因で胃腸に負担が掛かると言う事が多く言われていました。

実際に保育園でも給食に玄米を使用している施設も見受けられますが、そう言った施設では玄米を十分に柔らかくしてから食べさせているようです。

残念ながら赤ちゃん用に柔らかく炊いた黒米入りご飯を用意するのは難しいので、結論としては今日から乳幼児が食べる白米を用意する事にします。

ただし、仕込みの都合で毎日白米を炊く事は出来ないので炊きたてを急速冷凍した物をお客様のご要望があれば提供させて頂こうと思っています。お客様からのご要望が無い限りお子様メニューには通常の黒米入りご飯が提供されますのでご注意ください。

今までに無かった事が短期間で立て続けに起こる時は『良く考える様に』と問いかけられている気もします。

今回の決断が正しかった事と赤ちゃんを連れたお客様にとって一つの良い選択肢になる事を心より願う所であります。


最後に、大人の方への対応ですが仕込みの都合上、現状維持と言う事でご理解下さい。
posted by macca at 11:54| 日記