2015年10月02日

【レシピ】ブルーベリービネガー

すっごく今更ですが、今年仕込んだブルーベリービネガーの作り方を紹介いたします。

【材料】
・ブルーベリー(厚木産)
:ビートグラニュー糖(北海道産)
・白ワインビネガー(ミツカンの製品)
容量1500mlの保存瓶に仕込みます。割合はブルーベリー1に対してビートグラニュー糖、白ワインビネガーはそれぞれ1.5倍の分量を使用します。

HAPPY cafe 食堂では果物の砂糖漬けを作って、それからお酢を加えています。この方法は一般的なフルーツビネガーの作り方より時間がかかります。これは、果物からじっくりと時間をかけて果汁を絞り出す為に行っています。
時間が無い方は果物、砂糖、お酢を一度に保存瓶に入れてもOKですよ。
その他の果物で作る場合も基本的には同様です。保存瓶やまな板など使用する道具の消毒も忘れずに!

DSC_0032_2.jpg
ブルーベリーを半分にカットします。早く果肉から果汁を出す為の工夫(のつもり)。勿論カットしなくても大丈夫。
DSC_0033_2.jpg
カットしたブルーベリーを煮沸消毒した保存瓶に入れビートグラニュー糖をまぶします。
DSC_0042_1.JPG
一昼夜常温に置き、画像の様にブルーベリーの果汁が出てきてビートグラニュー糖と馴染んだら冷蔵庫に入れて更に1日1回で良いので必ず瓶を振って果肉とビートグラニュー糖をよーく混ぜます。
常温で置く場合は発酵してしまう場合があるので管理には十分気をつけましょう。仕込んだ日の湿度や気温が高い時は要注意です。
DSC_0048_2.jpg
完全にビートグラニュー糖が溶けたら白ワインビネガーを加え、白ワインビネガーを混ぜた直後はお酢のトゲトゲトした刺激を感じるので良く混ぜてから冷蔵庫で2〜3日味をなじませたら完成です。
DSC_0756_2.jpg
水やお湯、ソーダで割ってお召し上がりください〜
posted by macca at 20:31| レシピ