2014年10月07日

【レシピ】ピーナッツクリームの作り方

皆様こんにちは、マコトです。

今日と明日は月に一度の連休となります。お間違いの無いようによろしくお願いいたします。

今月の定休日
7日、8日、14日、21日、28日

今月のポイント2倍day
15日、16日、17日


さて、本題のピーナッツクリームのレシピです。
過去にもこのブログで作り方をご紹介いたしましたが、材料や分量に若干の変更が出たので新たにレシピをご紹介いたします。
DSC_0430-2.jpg
まずは生の落花生を用意します。殻を剥き170度のオーブンで約1時間ローストします。
生の落花生の水分の具合やオーブンの癖によってローストの時間は変わってきます。具合を見ながら薄らと茶色がかってくるまでローストして下さい。
ピーナッツクリーム
ローストが終わりしっかりと冷ましたら落花生の重さを量り、重量の1.5%の焼き塩を用意して下さい。
落花生は電動のミルなどで少しずつ細かく粉砕します。
機械に負荷がかかり過ぎますが、HAPPY cafe 食堂ではミルに無理をお願いしてミルの刃の部分に落花生がへばりつくまで粉砕します。
ミル以外ではフードプロセッサーも有効です。
時間と体力に自信のある方は最初からすり鉢を使うのも良いと思います(←お勧めしませんが・・・)
DSC_0427-2.jpg
ミルで細かくしっとりするまで粉砕した落花生と先ほどの焼き塩をすり鉢に入れクリーム状になるまで延々とすり続けます。
お薦めの方法はすり鉢を鍋で湯銭しながら作業を行う事です。作業効率は飛躍的に上がりますがかなり暑いので火傷に注意です。
かなり忍耐の必要な作業ですが、完成したピーナッツクリームをトーストにつけて食べた時の感動を思い描き我慢します。
DSC_0429-2.jpg
最終的にはこんな感じになるまで擦りましょう。ねっとりとした落花生が自然に真中に集まるくらいが目安です。
この状態を『ピーナッツバター』と言うらしいです。

ローストした落花生と焼き塩を足した重量と同じ量のビートグラニュー糖に対して同じ量の水で砂糖水を作ります。
ピーナッツバターを鍋に移し弱火にかけて、焦がさない様に混ぜ続けながら少しずつ砂糖水を加えてます。一気に加えると玉が出来てしまい食感が悪くなります。
時間をかけて砂糖水を加え終わったら混ぜる手に重さが加わって来るまで加熱を続けて下さい。焦がさないように注意です。
火にかけ続けてもったりとしてきたら完成。煮沸消毒した保存瓶に移してください。
DSC_0430-2.jpg
完成品はこちら。自分で作ったピーナッツクリームを食べたら市販のモノは食べれなくなりますよ(笑)
手作り素材の中で一番手がかかる為、完成した時の充実感と食べた時の美味しさも格別です。HAPPY cafe 食堂ではスコーンか米粉パンで食べる事が出来ます。量が少ないので興味がある方はお早めに♪

ちなみに、奥の茶色のモノはピーナッツクリームと同じ要領で作った胡麻クリームです。デザートかドリンクで使えないかな・・・と考えています。

詳しい分量は下記の通り、容量200mlくらいの保存瓶で6本分くらい作れます。
落花生 380g
焼き塩 5.7g
ビートグラニュー糖 386g
水 386ml
posted by macca at 10:56| レシピ