2014年10月02日

【レシピ】“自家製”粒マスタード♪

皆さんこんばんは。久しぶりのレシピです。

自家製の粒マスタード♪

DSC_0252-1.jpg

『こだわりのホットドック』や『鶏モモ肉のオーブン焼き』、『豚ヒレ肉のオーブン焼き』に添えられているピリッっとした辛味が特徴の名わき役。

作り方はいたって簡単。『混ぜるだけ』です。

材料はこちら

カナダ産マスタードシード

イエローマスタードシード、ブラウンマスタードシードが主役。ブラウンはイエローより辛味が強いので分量に注意!
HAPPY cafe 食堂では7対1の割合でブラウンマスタードシードを混ぜています。

DSC_0244-1.jpg

その他、白ワインビネガー、甜菜糖、焼き塩、白コショウ、ターメリックが入っています。

作り方です。
煮沸消毒した保存瓶に白ワインビネガー(B)を除くすべての材料を入れ、煮沸消毒をしたスプーンなどでよ〜く混ぜ冷蔵庫で2晩ほど寝かせます。

最初に混ぜた白ワインビネガー(A)がすっかりマスタードシードに吸収されて表面が空気に触れている様であれば白ワインビネガー(B)を少しずつ、マスタードシードが浸る程度に徐々に加えて行きます。

さらに1晩置いて様子を見てマスタードシードが『もうこれ以上無理!』ってなるまで少しずつ白ワインビネガーを吸わせていきます。
この時、『下のレシピにあるから一気に加えちゃえ!!』ってやると水っぽい粒マスタードになってしまうのでご用心。
白ワインビネガーを加える時は焦らずゆっくりが大事です。

粒マスタードがしっかりと白ワインビネガーを吸ってから1週間くらい経つと食べる事が出来ますが、1月くらい冷蔵庫で寝かしてから使うと辛味も落ち着いてより美味しくなります。

ソーセージに添えたり、サンドイッチやお酒のおつまみなどちょっとしたアクセントに最適な自家製粒マスタード。
非常に簡単なのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

詳しい分量は下記の通り、容量300mlくらいの保存瓶があれば丁度良いと思います。
イエローマスタードシード 70g
ブラウンマスタードシード 10g
白ワインビネガー (A)120ml + (B)30ml(様子を見ながら分量調整)
甜菜糖 小匙2
焼塩 小匙1
白コショウ 1g
ターメリック 小匙1/2

マスタードシード(ブラウン) 50g

価格:255円
(2018/11/8 18:07時点)
感想(1件)

マスタードシード(イエロ−) 50g

価格:260円
(2018/11/8 18:08時点)
感想(1件)

てんさい糖 650g

価格:402円
(2018/11/8 18:09時点)
感想(3件)



happycafelogo.jpg

HAPPY cafe 食堂ではペレットストーブを使用しております。 2017年に導入してからは冬場はエアコンやガス、石油ストーブに頼ることなく温かい快適な室内空間を実現しています。ペレットストーブの購入&設置、質問等のお問い合わせは下記のベイストーブまでご連絡をお願いします。

     

HAPPY cafe 食堂で実機を見て購入&設置された方には、ペレットストーブの燃料のサービスがあるそうです。 契約の際に「ハッピーカフェ食堂でペレットストーブを見た」とベイストーブの担当者にお伝え下さい

baystove-logo.png

2006年よりホームページはさくらインターネットのレンタルサーバー、ドメイン取得を利用して運用されています。2018年からはSSLも取得し安定したホームページ運用が行えています。

 

2012年より弥生の製品で会計処理を行っています。HAPPY cafe 食堂が利用しているやよいの青色申告は口座取引やカード決済などの自動仕分け機能があり年々高機能化しているので会計にかかわる時間がだいぶ短くなりました。

 
posted by macca at 19:44| レシピ